アレルギーの原因となる食品一覧と対処法

アレルギーの原因となる食品一覧


食物アレルギー
食物アレルギーとは、食べ物に含まれるタンパク質を異物とみなし、自分の体を異物から守るために過敏な反応(免疫反応)を起こすことをいいます。食物アレルギーには、原因となる食品を食べてすぐに症状が現れる即時型とゆっくりでる非即時型があります。即時型の原因食物は鶏卵、牛乳、小麦などが多い。


アレルギーの原因となる主な食品
アレルギーの発生頻度が高い食品(7品目)必ず表示する義務がある
えび かに 小麦
そば 牛乳
落花生

一定の頻度でアレルギーが発生する食品(20品目)表示奨励
あわび いか いくら オレンジ
キウイフルーツ くるみ さけ さば
大豆 バナナ 牛肉 豚肉
鶏肉 まつたけ もも 山芋
りんご ゼラチン カシューナッツ ごま


主なアレルギー症状
全身の症状:意識がもうろうとする、失禁する、脈が不規則、意識がなくなる。

呼吸器の症状:声がかすれる、咳がでる、くしゃみ、鼻水、呼吸困難。

顔の症状:顔が全体的に腫れる、唇の腫れ、まぶたの腫れ、目の痒みや充血。

消化器の症状:腹痛、吐き気、嘔吐、下痢。

皮膚の症状:赤くなる、かゆみ、湿疹など。

呼吸困難、失禁、意識もうろう、脈が不規則、繰り返し嘔吐している場合(アナフィラキシーショック状態)は一刻を争うので、エピペン(アナフィラキシーに使用される医薬品)がある場合はそれを打ち、ただちに119番する。救急車を待つ間は、嘔吐したものが喉につまらないよう横向きに寝かせ安静を保って下さい。

乳幼児期に発症する主なアレルギー原因食物(鶏卵、牛乳、小麦、大豆)などは、6歳ぐらいまでに耐性を獲得して80~90%の人が食べられるようになるが、これ以外の原因食物は耐性を獲得することが難しいとされる。