コラーゲンの効果効能の解説

コラーゲン



どんなもの?
コラーゲン(Collagen)は、皮膚、血管、腱、歯などに含まれる繊維状のタンパク質です。コラーゲンは全タンパク質の約30%を占め、全コラーゲン量の約40%が皮膚に、20%が骨や軟骨に、その他は血管や内臓などに広く分布しています。

体内ではコラーゲンの分解と合成が絶えず繰り返されていますが、年齢とともにコラーゲンの生産能力が落ちるので、それが肌老化の一因として考えられています。また、コラーゲンには細胞と組織をつなぎとめる接着剤としての役割があるので、血管、骨などの健康を維持するのにも欠かせません。

コラーゲンが多く含まれる食品は、フカヒレ、鶏肉の皮、豚足、豚骨スープ、牛すじなど。

効果効能
美肌効果、関節の痛みの緩和、骨粗鬆症の予防。

注意点
妊娠中のサプリメントでの過剰摂取は避ける。