フェニルアラニンの効果効能の解説

フェニルアラニン



どんなもの?
フェニルアラニン(Phenylalanine)は、体内で合成できない必須アミノ酸の一つ。

フェニルアラニンは、体内で甲状腺ホルモンや神経伝達物質のノルアドレナリンやドーパミンの前駆体であるチロシンへ変換され、脳内では神経伝達物質のノルアドレナリンとドーパミンに変換されます。

フェニルアラニンはD体とL体の2つがあります。L-フェニルアラニン(LPA)は天然に存在するフェニルアラニンであり、D-フェニルアラニン(DPA)は化学合成によって作られます。また、D体とL体を合成したDL-フェニルアラニン(DLPA)があります。

L-フェニルアラニンとDL-フェニルアラニンは、軽度から中程度のうつ病の改善、また鎮痛作用があることから慢性疼痛などに効果があるとされます。

フェニルアラニンが多く含まれる食品 100gあたりmg
分離大豆たんぱく 4500
カゼイン 4500
小麦たんぱく/粉末状 4100
かつお/削り節 3100
かつお節 3000
大豆/湯葉/干し 3000
大豆/凍り豆腐 2900
大豆/きな粉/全粒大豆 2000
ぶた/ゼラチン 2000
大豆/全粒/国産、乾 2000
きな粉/脱皮大豆 2000
大豆/全粒/米国産、乾 1800
大豆/全粒/中国産、乾 1800
小豆/あん/さらしあん 1600
小麦/焼きふ/観世ふ 1600
しらす干し/半乾燥品 1600
脱脂粉乳 1600
しろさけ/すじこ 1500
落花生/乾、大粒種 1500
緑豆/全粒、乾 1500

フェニルアラニンが多く含まれる食品 100gあたりmg
あまのり/ほしのり 1400
ナチュラルチーズ/チェダー 1400
ささげ/全粒、乾 1300
小麦はいが 1300
プロセスチーズ 1200
小豆/全粒、乾 1100
大豆/油揚げ 1100
いんげん豆/全粒、乾 1100
うし/レバー/生 1100
ぶた/レバー/生 1000
カシューナッツ 1000
ごま/乾 1000
そらまめ/全粒、乾 1000
ひまわり/乾 1000
えんどう/全粒、乾 1000
アーモンド/乾 980
くろまぐろ/赤身、生 970
すけとうだら/たらこ/生 950
くじら/肉、赤肉、生 940
ピスタチオ/炒り、味付け 930
フェニルアラニンが多く含まれる食品 100gあたりmg
若鶏肉/むね/皮なし、生 930
七面鳥/肉、皮なし、生 920
かつお/秋獲り、生 920
鶏/レバー/生 910
ホロホロ鳥/肉、皮なし、生 910
ぶた/大型種/ロース/赤肉 910
かつお/春獲り、生 910
しらす干し/微乾燥品 900
きはだまぐろ/生 900
ひらめ/養殖、生 900
あひる/肉、皮なし、生 890
やぎ/肉、赤肉、生 890
しろさけ/生 880
うるめいわし/生 880
まあじ/生 870
糸引き納豆 870
ぶり/成魚/生 860
ぶた/大型種/ロース、生 850
馬肉、赤肉、生 850
ラム/ロース/生 850

効果効能
軽度から中程度のうつ病の改善、集中力を高める、鎮痛作用。

注意点
必須アミノ酸なので通常の食事から摂る分に関しては問題ないが、サプリメントを利用する場合は過剰摂取にならないよう注意する。