ポリフェノールの効果効能の解説

ポリフェノール


どんなもの?
ポリフェノール(polyphenol)とは、特定の物質名ではなく、同一ベンゼン環に複数の水素基(OH基)が結合した化合物の総称です。植物の色素や苦み、渋み、に含まれている成分で、植物が光合成をすることによってつくられます。ポリフェノールは、ほとんどの植物に含まれ、正確な数は不明ですが5000種類以上あるといわれています。
ポリフェノール類

効果効能
代表的なポリフェノールとその働き
食品 含まれるポリフェノール 効能
赤ワイン タンニン、カテキン、ケルセチン、アントシアニン、シンプルフェノール、フラボノールなど。 抗酸化作用、老化防止、動脈硬化の予防、認知症の予防など。
緑茶 カテキン、タンニン。 抗菌作用、コレステロール低下、血糖上昇抑制作など。
チョコレート・ココア カカオポリフェノール、カテキンなど。 動脈硬化の予防、抗ストレス作用など。
ブルーベリー アントシアニン、タンニンなど。 抗酸化作用、視力改善、眼精疲労の改善、抗菌作用など。
イチゴ エラグ酸、アントシアニンなど。 抗酸化作用、美白効果など。
大豆 イソフラボン。 エストロゲン活性作用、2型糖尿病の改善、更年期障害の改善など。

注意点
ポリフェノールの過剰症は特に報告されていませんが、イソフラボンに関しては女性ホルモン(エストロゲン)活性作用があるので、乳がん、子宮がん、卵巣がん、子宮筋腫などホルモンの影響を受けやすい状態にある女性は避けた方が無難です。