ココアの栄養素と効果効能の解説

ココア



どんなもの?
チョコレートの原料としてお馴染みのカカオは、中南米熱帯の原産のアオギリ科の常緑高木で、ココアはそのカカオの豆を粉末にして油脂のカカオバターを取り除いたものです。
ピュアココア
カロリーは100gあたり・・・ピュアココア271kcal、ミルクココア412kcal

成分としては三大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)をバランス良く含み、その他にビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ナイアシン、パントテン酸)、ビタミンE、ビタミンK、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、リン、鉄、銅、亜鉛、食物繊維などを含みます。

ココアに含まれるカカオポリフェノールには、動脈硬化の予防、抗ストレス作用があり、がん予防効果も期待されています。また、豊富なカリウムには高血圧の予防効果があり、カテキン類にはコレステロール調節作用、血圧上昇抑制作用、血行促進作用などがあります。さらにココアには難消化性のリグニン(食物繊維の一種)が含まれており、整腸作用も期待できます。

効果効能
動脈硬化の予防、高血圧の予防、老化防止、整腸作用、精神安定、抗ストレス作用、冷え性の改善、がん予防。



注意点
カフェインが含まれているので過剰摂取は避ける。1歳未満の乳幼児には刺激が強すぎるので与えない。

ピュアココア100gあたりの栄養成分表
水分 タンパク質 脂質 炭水化物 灰分 廃棄率
4.0g 18.5g 21.6g 42.4g 7.5g 0%
ビタミンA B1 B2 B6 B12 ナイアシン
レチノール βカロテン 0.16mg 0.22mg 0.08mg 0μg 2.3mg
0μg 0μg
葉酸 パントテン ビオチン C D
31μg 0.85mg 0μg 0mg 0μg
E K ナトリウム カリウム カルシウム
α β γ δ 2μg 16mg 2800mg 140mg
0.3mg 0mg 4.3mg 0.1mg
Mg リン 亜鉛 マンガン ヨウ素
440mg 660mg 14.0mg 7.0mg 3.8mg 0mg 0μg
セレン クロム モリブデン 食物繊維 脂肪酸 コレステロール
0μg 0μg 0μg 水溶性 不溶性 飽和 一価 多価 1mg
5.6g 18.3g 12.4g 6.88g 0.7g