牡蠣エキスの栄養と効果効能の解説

牡蠣エキス



どんなもの?
カキは、消化吸収がよく、良質なタンパク質、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んでいることから、「海のミルク」と言われています。特にタウリン、グリコーゲン、亜鉛の含有量が多いのが特徴です。牡蠣エキスは、そのカキから抽出したエキスを濃縮したもので、粉末、錠剤、ドリンクなどが市販されています。
牡蠣(かき)

カロリーは100gあたり・・・(養殖、生)60kcal

生牡蠣の成分としては、タンパク質、ビタミンA(レチノール・βカロテン)、ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン)、ビタミンC、ビタミンE、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、マンガン、リン、鉄、銅、亜鉛、ヨウ素、セレンなどを含みます。

・タウリンには、胆汁酸やインスリンの分泌促進作用、血圧を正常に保つ作用、血中の悪玉コレステロールを下げて善玉コレステロールを増やす作用、心筋の働きを正常に保つ作用などがあります。

・グリコーゲンには、筋肉や肝臓などに貯蔵され即効性のエネルギー源になります。また、ホルモンを正常に機能させる作用や、体力をつける働きもあります。

・亜鉛は、味覚を正常に保ち、有害物質の排出機能を高めたり、生殖器や脳機能の活性化に作用します。


効果効能
滋養強壮、味覚の改善、疲労回復、高血圧の予防、動脈硬化の予防、肝機能を高める、肝臓病の予防。

注意点
カキの生食は鮮度が落ちていると食中毒を起こすことがあるので注意が必要です。

牡蠣、養殖(生)100gあたりの栄養成分表
水分 タンパク質 脂質 炭水化物 灰分 廃棄率
85.0g 6.6g 1..4g 4.7g 2.3g 75%
ビタミンA B1 B2 B6 B12 ナイアシン
レチノール βカロテン 0.04mg 0.14mg 0.08mg 28.1μg 1.4mg
22μg 6μg
葉酸 パントテン ビオチン C D
40μg 0.59mg 4.5μg 3mg 0μg
E K ナトリウム カリウム カルシウム
α β γ δ 0μg 520mg 190mg 88mg
1.2mg 0mg 0mg 0mg
Mg リン 亜鉛 マンガン ヨウ素
74mg 100mg 1.9mg 13.2mg 0.89mg 0.38mg 73μg
セレン クロム モリブデン 食物繊維 脂肪酸 コレステロール
48μg 4μg 4μg 水溶性 不溶性 飽和 一価 多価 51mg
0g 0g 0.23g 0.18g 0.32g