柿の葉茶の効果効能と注意点の解説

柿の葉茶



どんなもの?
柿は、カキノキ科カキノキ属の落葉高木で東アジア温帯固有の果樹です。柿の果実には、ビタミンC、各種ミネラル、糖質、タンニン、食物繊維が豊富に含まれています。

そして柿の葉には、緑茶の20倍、レモンの10~20倍のビタミンCが含まれていることから、健康茶として注目されるようになりました。ビタミンCには皮膚や粘膜を健康に保つ効果や、体の免疫力を高めることで感染症を予防する効果があります。

また、柿のへたはしゃっくり止めの漢方薬として知られています。

自分で柿の葉茶を作る場合は、ビタミンCが多い柿の若葉を使い、熱湯で素早く成分を抽出して、お茶と同じように飲みます。葉を長時間熱湯につけるとビタミンCが壊れてしまうので注意して下さい。また、柿の若葉を他の野菜や果物と一緒にジュースミキサーにかけて飲む方法もあります。

効果効能
免疫力向上、風邪の予防、美肌効果、高血圧の改善、生活習慣病の予防。

注意点
特になし。