ラクトフェリンの効果効能と注意点の解説

ラクトフェリン



どんなもの?
ラクトフェリン(Lactoferrin)は、1939年にデンマークのゼーレンセン博士によって発見された、哺乳類の乳、だ液、涙、などに含まれる鉄結合性の糖タンパク質です。特にヒトの初乳(出産後に数日間でる母乳)には牛の10倍(1リットルあたり5~10g)のラクトフェリンが含まれています。
ラクトフェリン
ラクトフェリンの特徴は、細菌の増殖を抑えたり、死滅させる力が非常に強いことです。また、体の免疫力を上げる作用やナチュラルキラー細胞を活性化して、がん細胞やウイルス感染細胞を攻撃する作用もあります。更にC型肝炎の改善、中性脂肪やコレステロールの低下、ビフィズス菌を増やし腸内環境を整える作用、歯周病の改善などが研究で確認されています。

ラクトフェリンは牛乳を材料に抽出精製したものが、ラクトフェリン入りヨーグルトやサプリメントなどで摂取することができます。

ちなみに加熱殺菌した牛乳や加熱殺菌された牛乳を使ったヨーグルトには、ラクトフェリンは殆ど含まれていません。

効果効能
抗菌・抗ウイルス作用、免疫力向上、感染症の予防、がん予防、中性脂肪やコレステロールの低下、C型肝炎の改善、アレルギー性疾患の改善、肥満防止、整腸作用、便秘の改善、歯周病改善。

注意点
副作用はないが、牛乳にアレルギーのある人は摂取を避ける。