霊芝(レイシ)の効果効能と注意点の解説

霊芝(レイシ)



どんなもの?
霊芝(レイシ)とは、サルノコシカケ科のキノコである万年茸(マンネンタケ)の子実体を乾燥したものです。学名はGanoderma lucidum(ガノデルマ・ルシダム)。

霊芝には「赤芝」「黒芝」「青芝」「白芝」「黄芝」「紫芝」の6種類があるが、一般的には「赤芝」が多く使われています。(霊芝は食用にはしません)

霊芝には血液の滞りや粘りを改善する効果があります。血中コレステロール値の低下、冠状動脈の血流改善、血栓ができるのを予防します。また、血管を拡張し血圧を下げる作用もあります。これらの作用は虚血性心疾患の予防改善に有効とされます。また、霊芝には血糖値を下げる作用があり、糖尿病の予防改善も期待できます。

キノコ類に含まれるβグルカンには、体の免疫力を上げガンを予防する効果が知られており、霊芝にも豊富に含まれています。

効果効能
虚血性心疾患の予防改善、脳卒中の予防、高血圧の予防改善、動脈硬化の予防改善、血糖値の改善、糖尿病の予防改善、免疫力向上、がん予防。

注意点
血圧を下げる作用があるので血圧降下剤との併用は注意する。また、血小板凝集阻害作用があると考えられるため、血小板減少を示す疾患を持つ人は注意する。