サネブトナツメの効果効能と注意点の解説

サネブトナツメ(酸棗仁)



どんなもの?
サネブトナツメは、ヨーロッパから中国にかけて分布するクロウメモドキ科の落葉高木で、ナツメの原種です。そのサネブトナツメの種子を乾燥させたものを酸棗仁(さんそうにん)と呼び、漢方では鎮静作用のある生薬として睡眠障害などに用います。

成分にタンパク質、サポニン誘導体、ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、パルミトオレイン酸塩、ステアリン酸、オレイン酸、リノール酸、アラキジン酸、ベヘン酸などを含みます。酸棗仁のこれらの成分は、中枢神経を抑制し、不安、動悸、心因性の睡眠障害など心の病気からくる諸症状を改善します。

効果効能
鎮静作用、不眠症の改善、過眠症の改善、精神安定、ストレスの緩和、自立神経失調症の改善、疲労回復。

注意点
成人で1日10g前後が目安です。一度に大量に服用しないで下さい。