烏龍茶(ウーロン茶)の効果効能と注意点の解説

烏龍茶(ウーロン茶)



どんなもの?
烏龍茶(ウーロン茶)は、16世紀に中国の福建省武夷山で誕生した日本でもお馴染みのお茶です。半発酵させたお茶なので、緑茶に比べ苦味や渋味が少ないのが特徴です。ちなみに紅茶は完全に発酵させ、緑茶は反対にまったく発酵させません。烏龍茶という名の由来は、茶葉が烏(カラス)のように黒く、形が竜の爪のように曲がっているところからきています。
烏龍茶
カロリーは100gあたり・・・0kcal


ウーロン茶は脂肪の吸収率を抑制するサポニンを多く含むので、油っぽい料理との相性は抜群です。また、カフェインやダイエット効果のあるタンニン(カテキン)も豊富に含まれています。さらにウーロン茶に含まれるポリフェノールが、グルコシルトランスフェラーゼ(虫歯原因細菌が産生する酵素)の活性を阻害する働きがあることから、虫歯の予防にも効果があります。代表的な銘柄として、鉄観音、水仙、武夷岩茶などがあります。

ウーロン茶重合ポリフェノールが脂肪の吸収を抑制し、余分な脂肪の一部を体外に排泄するとして、サントリーから黒烏龍茶が特定保健用食品として発売されています。

効果効能
肥満防止、ダイエット、脂肪燃焼、消化の促進、利尿作用、虫歯予防。

注意点
カフェインによる神経興奮作用があることから、就寝前は控えたほうがいいでしょう。


ウーロン茶(浸出液)100gあたりの栄養成分表
水分 タンパク質 脂質 炭水化物 灰分 廃棄率
99.8g 0g 0g 0.1g 0.1g 0%
ビタミンA B1 B2 B6 B12 ナイアシン
レチノール βカロテン 0mg 0.03mg 0mg 0μg 0.1mg
0μg 0μg
葉酸 パントテン ビオチン C D
2μg 0mg 0.2μg 0mg 0μg
E K ナトリウム カリウム カルシウム
α β γ δ 0μg 1mg 13mg 2mg
0mg 0mg 0mg 0mg
Mg リン 亜鉛 マンガン ヨウ素
1mg 1mg 0mg 0mg 0mg 0.24mg 0μg
セレン クロム モリブデン 食物繊維 脂肪酸 コレステロール
0μg 0μg 0μg 水溶性 不溶性 飽和 一価 多価 0mg