ユッカの効果効能と注意点の解説

ユッカ



どんなもの?
ユッカは、リュウゼツラン科ユッカ属の植物の総称。ユッカは古くからネイティブアメリカンの民間薬として、切り傷、打ち身、炎症、神経痛などの治療に用いられてきました。また、ユッカの主成分であるサポニンは泡立つことから、石鹸や洗剤としても利用されました。

ユッカの主成分はサポニンで、他にサポゲニン、ガラクトース、アラビノース、マンノース、スチルベンなどが含まれます。サポニンは血管についたコレステロールを除去したり、血中コレステロールを下げる働きがあるので、動脈硬化の予防、高血圧の予防、高脂血症の予防改善、肥満の防止などに効果があるとされる。

また、サポニンには整腸作用があるので便秘の改善も期待できます。更にユッカの樹皮から見つかったユッカオール(ポリフェノールの一種)には、抗炎症作用や抗酸化作用があると考えられています。

まだ数は少ないですが、ユッカエキスを配合したサプリメントが販売されています。また、ペットの腸内環境を整えることがペット臭を消すとして、ユッカを配合したペットフードなども販売されています。

効果効能
動脈硬化の予防、高血圧の予防、高脂血症の予防改善、肥満防止、整腸作用、便秘の改善。

注意点
安全性はデータが少なく不明。