貧血の予防改善にはこの食品とサプリメント

貧血の予防改善



貧血血液は全身に酸素を運んでいますが、その主役は赤血球に含まれるヘモグロビンです。そのヘモグロビンの構成成分である鉄が不足すると細胞が酸素不足となり、めまい、倦怠感、動悸、息切れ、食欲不振などの鉄欠乏性貧血の症状が現れます。

鉄は体内でつくることができないので食事で摂るしかありませんが、体内への吸収率が低いので(動物性のヘム鉄が25%、植物性の非ヘムが鉄5%)特に月経のある女性は鉄が不足しがちです。また、体内に鉄が十分に足りていても銅が不足しているとヘモグロビンが生成されず貧血の原因となります。ビタミンB群の葉酸はビタミンB12と協調し赤血球の合成に関与することから「造血のビタミン」と呼ばれています。間接的にですが葉酸が豊富な野菜を食べることも貧血の予防改善に役立ちます。
レバー アユ(鮎) 鮪(マグロ)
すっぽんエキス しじみエキス 春菊(シュンギク)
ほうれん草 菜の花 マローエキス
からし菜 葉酸(ようさん) ひじき
ビタミンB12 ビタミンC


芽キャベツ 枝豆
フダンソウ ツルナ ドジョウ
グレープフルーツ ブンタン(文旦) ホヤ
ハマグリ ミルクイ 赤貝
ホタルイカ アサリ 焼きのり
ウニ あん肝 イクラ
カキ(牡蠣) コノシロ