骨粗鬆症の予防にはこの食品とサプリメント

骨粗鬆症の予防



骨粗鬆症骨粗しょう症とは、骨を形成するカルシウムなどが減り、骨がもろくなる病気です。全国の推定患者数は約1300万人と言われていますが、目立った自覚症状がないため、骨折することで初めて自分が骨粗しょう症であると気づくケースが少なくありません。

カルシウムは骨の約7割を構成する栄養素なので食生活ではカルシウムの摂取量を多めにします。ビタミン類では、ビタミンD、ビタミンKなどが骨と関係しています。また、カルシウムの吸収に必要なビタミンDは紫外線を浴びることでも作ることができるので、日光浴も有効です。
牛乳 シシャモ 鮭(サケ)
海藻エキス おかひじき ザクロ
すっぽんエキス サンマ ドジョウ
モロヘイヤ 春菊(シュンギク) フナ(鮒)
かぶ(蕪)の葉 パセリ バジル
からし菜 つるむらさき 京菜(きょうな)


シイタケエキス 納豆 ルッコラ
マローエキス アユ(鮎) ケフィア
カワハギ カルシウム ビタミンK
ビタミンD あん肝 イワシ(鰯)
タアサイ アシタバ ワカサギ
桜えび 小松菜 きくらげ
フカヒレ ハモ カジキ
ニシン コノシロ シラウオ