アーティチョークの栄養素と効果効能の解説

アーティチョーク



どんなもの?
アーティチョーク(artichoke) 和名:朝鮮アザミは、地中海沿岸が原産のキク科チョウセンアザミ属の多年草。野生のアザミが品種改良され現在のような形になりました。日本ではあまり馴染みのない野菜ですが、イタリア、フランス、アメリカなどではよく食べられています。食用にするのは若いつぼみで、茹でるか蒸すかした後にガクを1枚ずつ取り除いていき、柔らかい花托と根本の部分を食べます。ホクホクとした食感でイモやそら豆のような味がします。
アーティチョーク

カロリーは100gあたり・・・(生)48kcal、(茹で)45kcal

成分としては、ビタミンA(βカロテン)、ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ナイアシン、パントテン酸)、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、マンガン、リン、鉄、銅、亜鉛、食物繊維などを含みます。

アーティチョークは、ビタミン類の含有量はどれも少なめですが、カリウム、カルシウム、食物繊維を豊富に含んでいます。特に食物繊維は100gあたり8.7g(ゴボウの1.5倍)も含まれ、野菜類のなかではトップクラスの含有量を誇ります。ただし、水溶性食物繊維が70%を占めるので、あまり茹で過ぎないようにして下さい。水溶性食物繊維は血糖値の急激な上昇を抑える作用、コレステロール調整作用、脂質異常症の改善、便秘の改善などに効果があります。

カリウムは体内の余分なナトリウム(塩分)を尿とともに排泄してくれるので、高血圧の予防改善に効果があります。

効果効能
高血圧の予防改善、動脈硬化の予防、血糖値抑制、脂質異常症の改善、整腸作用、便秘の改善。


注意点
キク科植物にアレルギーのある人は注意する。

アーティチョーク(生)100gあたりの栄養成分表
水分 タンパク質 脂質 炭水化物 灰分 廃棄率
85.1g 2.3g 0.2g 11.3g 1.1g 75%
ビタミンA B1 B2 B6 B12 ナイアシン
レチノール βカロテン 0.08mg 0.10mg 0.08mg 0μg 1.2mg
0μg 6μg
葉酸 パントテン ビオチン C D
81μg 0.51mg 0μg 15mg 0μg
E K ナトリウム カリウム カルシウム
α β γ δ 2μg 21mg 430mg 52mg
0.4mg 0mg 0mg 0mg
Mg リン 亜鉛 マンガン ヨウ素
50mg 61mg 0.8mg 0.2mg 0.05mg 0.19mg 0μg
セレン クロム モリブデン 食物繊維 脂肪酸 コレステロール
0μg 0μg 0μg 水溶性 不溶性 飽和 一価 多価 0mg
6.1g 2.6g