明日葉(あしたば)の栄養素と効果効能の解説

明日葉(あしたば)



どんなもの?
明日葉(あしたば)は、セリ科の大形多年草で、今日摘み取っても明日には葉が芽吹くことから、この名がついたと言われています。別名で、はちじょうそう、あしたぐさとも呼ばれます。
アシタバ
カロリーは100gあたり・・・(茎葉、生)33kcal

成分としては、ビタミンA(βカロテン)、ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ナイアシン、パントテン酸)、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、マンガン、リン、鉄、亜鉛、食物繊維などが含まれます。

特にビタミンA(βカロテン)の含有量は野菜類の中でトップクラスです。豊富なビタミンA(βカロテン)には抗酸化作用があり、病気や老化原因となる活性酸素の発生を抑える作用、免疫力の向上、発がん抑制作用、眼球乾燥の予防、粘膜や肌の健康を保つ効果があります。また、ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンE、葉酸、カリウムなども多く、動脈硬化や高血圧など各種生活習慣病を予防する効果があります。更に骨へカルシウムを定着させる作用のあるビタミンKも野菜類の中でトップクラスです。

茎や葉を切ったときにでる黄色い汁には、強い抗酸化作用のあるカルコンが含まれ、がんを予防したり、血糖値の上昇を抑える作用があります。さらに茎汁に含まれるイソクエルチトリンは、利尿作用、高血圧予防に効果がある。

効果効能
免疫力の向上、高血圧の予防、動脈硬化の予防、美肌効果、骨粗しょう症の予防、血糖値の改善、がん予防、糖尿病予防、疲れ目・眼球乾燥(ドライアイ)の予防改善。


注意点
明日葉はビタミンKが多く、ビタミンKには血液凝固作用があるので、ワーファリンなど抗凝固剤を服用している人は注意する。

あしたば(茎葉、生)100gあたりの栄養成分表
水分 タンパク質 脂質 炭水化物 灰分 廃棄率
88.6g 3.3g 0.1g 6.7g 1.3g 2%
ビタミンA B1 B2 B6 B12 ナイアシン
レチノール βカロテン 0.10mg 0.24mg 0.16mg 0μg 1.4mg
0μg 5300μg
葉酸 パントテン ビオチン C D
100μg 0.92mg 0μg 41mg 0μg
E K ナトリウム カリウム カルシウム
α β γ δ 500μg 60mg 540mg 65mg
2.6mg 0.2mg 1.4mg 0.1mg
Mg リン 亜鉛 マンガン ヨウ素
26mg 65mg 1.0mg 0.6mg 0.16mg 1.05mg 0μg
セレン クロム モリブデン 食物繊維 脂肪酸 コレステロール
0μg 0μg 00μg 水溶性 不溶性 飽和 一価 多価 0mg
1.5g 4.1g