ハクサイ(白菜)の栄養素と効果効能の解説

はくさい(白菜)



どんなもの?
ハクサイは、中国北部原産のアブラナ科の一年生または二年生葉菜で、日本には明治初期に導入されました。味にクセがなく、鍋ものには欠かせない野菜となっています。
ハクサイ

カロリーは100gあたり・・・(結球葉、生)14kcal

はくさいは約95%が水分で、ビタミンA(βカロテン)、ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチン)、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、食物繊維などを含みます。

取り立てて多い栄養素はありませんが、ビタミン・ミネラルのバランスがよく、特に抗酸化作用のあるビタミンA(βカロテン)、ビタミンC、ビタミンEを含むので免疫力向上、感染症の予防、疲労回復、美肌効果などが見込めます。また、たくさん食べても低カロリーな野菜なので、ダイエットに向いていますし、水溶性/不溶性を合わせた食物繊維の量はキャベツより豊富なので、整腸作用・便秘の改善も期待できます。

さらにアブラナ科の野菜には、グルコシノレートが含まれ、噛んだりすることで野菜の細胞内に含まれる分解酵素と混じりあい、抗がん作用のあるイソチオシアネートという物質に変化します。アブラナ科のハクサイにもグルコシノレートが含まれているので、がん予防効果が見込めます。

効果効能
免疫力向上、感染症の予防、疲労回復、整腸作用、便秘の改善、ダイエット、がん予防。


注意点
特になし。

ハクサイ(結球葉、生)100gあたりの栄養成分表
水分 タンパク質 脂質 炭水化物 灰分 廃棄率
95.2g 0.8g 0.1g 3.2g 0.6g 6%
ビタミンA B1 B2 B6 B12 ナイアシン
レチノール βカロテン 0.03mg 0.03mg 0.09mg 0μg 0.6mg
0μg 92μg
葉酸 パントテン ビオチン C D
61μg 0.25mg 1.4μg 19mg 0μg
E K ナトリウム カリウム カルシウム
α β γ δ 59μg 6mg 220mg 43mg
0.2mg 0mg 0mg 0mg
Mg リン 亜鉛 マンガン ヨウ素
10mg 33mg 0.3mg 0.2mg 0.03mg 0.11mg 1μg
セレン クロム モリブデン 食物繊維 脂肪酸 コレステロール
0μg 0μg 6μg 水溶性 不溶性 飽和 一価 多価 0mg
0.3g 1.0g 0.01g 0g 0.03g