ギムネマシルベスタの効果効能と注意点の解説

ギムネマ・シルベスタ



どんなもの?
ギムネマ・シルベスタは、インド中南部の高原に自生する、ガガイモ科のつる性植物です。ヒンズー語ではグマール(砂糖を壊すもの)と呼ばれています。インドでは古くから糖尿病の治療薬、強壮作用のある薬草として用いられてきました。

葉にギムネマ酸、コンズリトール、ギムネマシン、ギムネマサポニンなどの有効成分を含む。ギムネマ・シルベスタの葉を噛むと、一時的に甘みを感じなくなる特異な作用があります。これはギムネマ酸によるもので、グルクロン酸というブドウ糖によく似た構造の物質が舌の甘味を感じる部分に結合して、その感覚を麻痺させるためと考えられています。

また、ギムネマシルベスタといっしょに食事を摂ると、ギムネマ酸が小腸でのブドウ糖の吸収を抑制し、余分な糖分を体外に排泄することで血糖値の上昇を抑える作用があります。

効果効能
肥満の予防、糖分の吸収を抑制する、血糖値を下げる、糖尿病の予防や改善。

注意点
インスリン療法や糖尿病治療薬を使用している人は、低血糖を起こさないよう過剰摂取に注意する。