オリーブオイルの栄養素と効果効能の解説

オリーブオイル



どんなもの?
オリーブオイル(Olive oil)は、地中海沿岸諸国で古くから利用されている油で、オリーブの果実とその核に含まれている油脂を圧搾して作ります。オリーブオイルの歴史は古く、紀元前4000年頃にはオリーブオイルが利用されていたといわれています。
オリーブオイル
オリーブ油に多く含まれるオイレン酸(77%)やポリフェノールは、LDL(悪玉)コレステロールを減らし、心疾患のリスクを下げる効果が研究で確認されています。具体的な数字を示すと、オリーブ油やナッツ類を積極的に食べた人たちは、そうでない人たちと比べて心臓病や脳卒中を発症するリスクが30%減ったという調査結果が米医学誌に発表されています。他にもリノール酸、αリノレン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、β-カロテン、ビタミンE、ビタミンK、植物性スクワランなどが含まれます。

オリーブオイルは、含有するポリフェノールが交感神経を刺激して脂肪の燃焼を促す効果があり、ダイエット中の油としてもお勧めです。また、便を柔らかくし腸の蠕動運動を活発にする作用もあります。

生の新鮮なオリーブ果実から一番最初に油を搾ったものを「バージン・オリーブオイル」といい、更にその中で最高グレードのものを「エキストラバージン・オリーブオイル」と言います。

効果効能
便秘の改善、動脈硬化の予防、心血管疾患、血中コレステロールの低下、高血圧の予防、美肌作用、老化防止。


注意点
妊娠中は食品として摂る分には問題ないが、それ以上の過剰摂取は避ける。まれにアレルギー反応を起こす人がいる。体に良くても1gあたり9kcalと高カロリーなので摂り過ぎは肥満を招く。

オリーブ油100gあたりの栄養成分表
水分 タンパク質 脂質 炭水化物 灰分 廃棄率
0g 0g 100g 0g 0g 0%
ビタミンA B1 B2 B6 B12 ナイアシン
レチノール βカロテン 0mg 0mg 0mg 0μg 0mg
0μg 180μg
葉酸 パントテン ビオチン C D
0μg 0mg 0μg 0mg 0μg
E K ナトリウム カリウム カルシウム
α β γ δ 42μg 0mg 0mg 0mg
7.4mg 0.2mg 1.2mg 0.1mg
Mg リン 亜鉛 マンガン ヨウ素
0mg 0mg 0mg 0mg 0mg 0mg 0μg
セレン クロム モリブデン 食物繊維 脂肪酸 コレステロール
0μg 0μg 0μg 水溶性 不溶性 飽和 一価 多価 0mg
0g 0g 13.29g 74.04g 7.24g