りんご酢の効果効能と注意点の解説

りんご酢



どんなもの?
リンゴ酢は、リンゴ果汁を発酵・熟成させた醸造酢で、アップルビネガーとも呼ばれています。

成分としては、リンゴ酸、酢酸、コハク酸、クエン酸微などの有機酸、微量のアミノ酸、カリウムなどのミネラルが含まれます。

有機酸には体の代謝活動を高め、疲労物質のピルビン酸や乳酸の生成や蓄積を抑えることから、疲労からの回復を早める効果や、筋肉痛、肩こりなどに有効です。また、血糖値の上昇を抑制する効果も確認されています。カリウムは体内の余分な塩分の排出を促し、血圧を安定させる効果があります。

夏バテなどで食欲のないときは、最初に酢のものをとるといいとされます。これは酢の香りによって大脳の食欲中枢が刺激されて唾液や胃液の分泌が増え、消化酵素の働きを活発にしてくれるからです。また、酢には殺菌作用があるので食中毒の予防にも効果があります。

効果効能
疲労回復、夏バテ、血糖値の改善、高血圧の予防改善、動脈硬化の予防、食欲増進、殺菌作用。

注意点
酢は胃液の分泌を高めるので、胃酸過多の人や胃潰瘍の人が多量に摂取すると、症状を悪化させることがあるので注意して下さい。