ヤーコンの効果効能と注意点の解説

ヤーコン



どんなもの?
ヤーコンは、南米アンデス地方原産のキク科の多年草で、塊根部はサツマイモのような形になります。ヤーコンの歴史は古く、古代インカ帝国の時代から貴重な栄養源として食用されていたといわれています。
ヤーコン
ヤーコンの塊根部には、フラクトオリゴ糖と水溶性食物繊維のイヌリンが豊富に含まれ、どちらも腸内の消化酵素ではほとんど消化されずに大腸に達します。その際に、血中の余分な中性脂肪や腸内の老廃物を便と一緒に体外に排出してくれるので、脂質異常症(高トリグリセライド血症)の改善、腸内環境を整え便秘を改善する効果、血糖値の上昇を緩やかにする作用があります。

また、クロロゲン酸を始めとするポリフェノール類も豊富で、抗酸化作用、動脈硬化の予防、血糖値の改善、脂質代謝の改善などが期待できます。

効果効能
整腸作用、便秘の改善、脂質異常症の改善、血糖値の改善、動脈硬化の予防、高血圧の予防。

注意点
キク科植物にアレルギーのある人は避ける。