京菜/水菜の栄養素と効果効能の解説

京菜/水菜



どんなもの?
京菜(きょうな)は、アブラナ科の一年または二年生葉菜。京都で品種改良され、伝統的に生産されてきた野菜を「京野菜」と呼びますが、京菜もその一種です。水と土だけで育つことから、京都の人は水菜(みずな)と呼びます。京菜と水菜は同じものです。
京菜

カロリーは100gあたり・・・(葉、生)23kcal

白菜(はくさい)などと同じアブラナ科の野菜なので、含まれる成分も白菜と似ています。ビタミンA(βカロテン)、ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、葉酸、パントテン酸)、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、食物繊維などを含みます。

ビタミン・ミネラルのバランスがよく、特に抗酸化作用のあるビタミンA(βカロテン)、ビタミンC、ビタミンEを豊富に含んでいるので、免疫力の向上、感染症の予防、美肌効果などが見込めます。ミネラル類ではカリウム、カルシウムが豊富です。カリウムは体内の余分なナトリウム(塩分)を尿とともに排泄してくれるので高血圧の予防改善に有効で、カルシウムは骨粗鬆症の予防効果などが見込めます。アブラナ科の野菜なので、がん予防効果があるといわれているイソチオシアネートも含まれます。

京菜は、肉の臭みを消す効果があるので、関西では鯨や鴨などと鍋にする「はりはり鍋」に欠かせない食材となっています。

効果効能
疲労回復、免疫力の向上、感染症の予防、高血圧の予防、骨粗鬆症の予防、ダイエット、がん予防。


注意点
特になし。

きょうな(葉、生)100gあたりの栄養成分表
水分 タンパク質 脂質 炭水化物 灰分 廃棄率
91.4g 2.2g 0.1g 4.8g 1.3g 15%
ビタミンA B1 B2 B6 B12 ナイアシン
レチノール βカロテン 0.08mg 0.15mg 0.18mg 0μg 0.7mg
0μg 1300μg
葉酸 パントテン ビオチン C D
140μg 0.5mg 3.1μg 55mg 0μg
E K ナトリウム カリウム カルシウム
α β γ δ 120μg 36mg 480mg 210mg
1.8mg 0mg 0.1mg 0mg
Mg リン 亜鉛 マンガン ヨウ素
31mg 64mg 2.1mg 0.5mg 0.07mg 0.41mg 7μg
セレン クロム モリブデン 食物繊維 脂肪酸 コレステロール
2μg 3μg 20μg 水溶性 不溶性 飽和 一価 多価 0mg
0.6g 2.4g